建て替えかリフォームかの判断ポイントとは

築20年を超えるあたりからリフォームか建て替えで悩む人が増え始めます。
このとき、目先の費用で比較・検討するのではなく、きちんと詳しいところまで建て替えとリフォームの違いを知り、どちらがお得か判断するのが大切です。

これらは住んでいる家の状態、これからの生活設計、敷地の状況、プランなど様々な要素から判断しなければなりません。

一般的にはリフォームのほうが建て替えより経済的だといわれていますが、場合によっては逆の状態になることもありえます。
一般的に50年以上は持つといわれている木造住宅の場合も定期的なメンテナンスはかかせません。

建て替えだと、リフォームと違い、使える部分まで解体するので、処分費用が高くなり、廃棄物も多くでます。
仮住まいの費用も払わなければなりません。
リフォームの場合は使える部品を繰り返して使いますので、廃棄物は少なくなり、転居費用もかかりません。リフォームの最大のメリット建て替えより安く済む点です。

これらを比べる場合目先の費用に目を向けることなく、最低でも20年程度のトータル費用で比べるのが重要です。
一般的に建て替えの費用にかかる経費の7割がリフォームの代金になってしまう場合、建て替えを選ぶのがいいといわれています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ